子どもの日に記しておく「生まれ変わってもずっと繰り返そう」

このブログは、2018年5月5日のものです。

 

今日はこどもの日。

GWは、旦那さんの実家の静岡は富士宮で過ごしています。

.

サンブルブログを熟読してくれてるアナタは知ってくれてるけど、今日はじめて私のブログを読んでくれたアナタは、知らないと思うのでお伝えしますが、我が家には7歳(2018年現在)の息子がいます。

以前、彼と就寝前にこんな会話をしたことがあります。

「ママと僕はどっちが先に死ぬの?」

「もちろんママだよ。

ママが死んだ後にも、

君には、まだまだいっぱいやることがあって、

いっぱい楽しいことが待ってるんだよ。

ママは、そんな君をお空から

ちゃんと見ているから

安心して毎日を過ごしてね」

「じゃぁ、ママのあとに

僕がおじいちゃんになって死んだとき

また天国でママに会える?」

「もちろんだよぅ

天国で会えたときは

また いっぱいお話ししようね」

「うん」

彼は、そう返事をしたあと泣きながら寝ていました。

そんな会話をしたのは、父が亡くなってすぐで、5歳になった息子が死を意識しはじめた頃でした。

 

 

そして最近も その続きの話を彼がしました。

「前にママが僕より先に死んで…

そのあとに僕がちゃんとおじいちゃんになって

死んだら、

またママに会えるって言ってたよね?

 

じゃぁ、次に生まれるときは

又ママの子どもになれる?

それか、僕がパパでママが子どもでもいいね。

そして僕がおじいちゃんになって死んだら、

ママをお空から見てるから、

天国で又いっぱいお話しするのもいいね。

ずっと、その繰り返しにしようよ。」

 

 

 

 

なんだか、

そんなことを言う息子がいじらしくて涙が出て仕方なかったです。

いまは、7歳。

今日も元気に

子どもの日おめでとう。

いつか本格的な反抗期を迎えるであろうから
記しておこうと思った次第です。

 

 

2020-05-05
三浦京子プロフィール写真

三浦京子

アクセサリーを中心に日常がすこしときめくモノづくりをしています。
天然石や真鍮、14kgfなどの素材を使ったカジュアルなアクセサリー、Tシャツ等のオリジナル商品を販売しています。

「サンブルービアンカと共に、たくさんの物語が受け継がれていく、一生モノアクセサリー」をコンセプトに誕生した、ランデブーサンブルービアンカは、18Kなどの上質な素材を使用しています。

あなたが笑った時、
あなたが泣いた時、
あなたの人生のいろんなシーンに
サンブルービアンカは
寄り添っていたい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。